言葉の重複の最近のブログ記事

「元旦」の「旦」

| コメント(0) | トラックバック(0)

「海越えてとどく年賀の声ちかし心はずます元旦の朝」(とよ子)
留学中の孫娘から、元日の朝早く年賀の電話がありました。すぐ近くにいるようでした、昔では考えられない事ですね。老人二人、目を細めた新年の朝でした。よろしくお願いします。

国際電話ですね。孫娘さんと話されたとのことですが、おっしゃるように直ぐ隣に居るように聞こえますね。なお、「元旦」の「旦」には「朝」の意味があります。

添削:
「海越えて女孫(めまご)の年賀の声近し心はずます元日の朝」(とよ子)

「珍しい鬮(くじ)神宮の在るを聴き祠の文字を指で撫で見る」(実華)
村(旧)の鎮守に鬮神宮があると聴き探しました。板碑合祀型供養石碑という珍しい連碑の右面に鬮神宮、左面に白旗宮としてありました。鶴岡八幡宮の源氏、山口県赤間神宮の平家に係わるものであり、双方の霊を弔い造立されたようだが、鬮神宮というのは珍しいようです。

鬮(くじ)神宮ですか。初耳です。源平に係わる神社なのですね。お作で「珍しい」とか言われなくても、「鬮」という文字で十分珍しいことがわかりますね。

改作(旧仮名):
「鬮(くじ)といふ名の神宮を探しあて祠の文字を指で撫でをり」(実華)

「窓越しに朝日さしこみぽかぽかと小春日和に笑顔こぼれる」(koihime)
あけましておめでとうごさいます。今年もどうぞご指導の程宜しくお願い致します。この歌は、晴れた日の朝日が暖かく、丸くなった猫を連想し詠いました。犬や猫が好きなのでその可愛い姿を連想しました。本日もどうぞ宜しくお願い致します。

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしく、お越し下さい。「小春日和」は「ぽかぽか陽気」のことですね。

添削(改作):
「窓越しに朝日射しこみ言うことなし小春日和に笑顔こぼれて」(koihime)

重複感が否めない?

| コメント(0) | トラックバック(0)

「松原の治水の杜の静けさや豊かな尾張野豊作の秋」(とよ子)
秋の一日、木曾三川公園へいってきました。こちらは、小学生の遠足で大変賑わっておりましたが、道路をはさんだ隣の治水神社は人影もなくひっそりとしておりました。何だか忘れられているようで、ちょっと寂しく思いました。こんな事を思うのも、歳のせい??おかげさまで、尾張野は豊かになりました。老人の独り言、、ごめんなさい、よろしくお願いします。

おっしゃるように、折角そこまで遠足したなら、生徒らに治水神社も見せて、治水の意義を説明すれば、よい教育になりますね。今のような機械類の無かった昔は、先人の皆さんが治水にいかに苦労されたか、思えば有り難いことです。お作「・・・豊かな・・・豊作」は重複感が否めません。あとは、さすがにお上手ですね。

添削:
「松原の治水の杜の静けさよこの尾張野の豊作の秋よ」(とよ子)

「かたたたきかたたたくだけ親の肩たたきたたかれ高まる愛情」(白糸)

もももすももも・・・のような言葉遊び的な短歌はアリでしょうか?初めて添削してもらうのに、このような短歌ですみません。けれど、自分自身ではこういうのを詠むのが好きです。

詩情を失うことがなければ、定型化することで大抵は短歌になりますね。程度の問題ですが、遊びは短歌の一つの要素と言えるのでしょうね。それと、同じ言葉を繰り返して感動を強めるのは一つの作歌手法です。もっとも、読み手に感動が強まった効果が素直に伝わる限りにおいてであり、一般的には同じ言葉や似たような言葉の繰り返しは避けたいですね。言葉の重複感が残るような詠み方は避けたいです。お作ですが、「かた」の音の繰り返しが快く響き、ある程度成功していますが、結句で標語のようになってしまいましたね。一工夫し直して下さい。

「微かなる雨音を聴く胸腔に降りやまぬ雨まみどりの雨」(文2006/07/21)

降り止まぬ雨音を聴いていると、胸の中から響いてくるような気がします。


そちらもひどく雨が降っているようですね。これほど梅雨明けが待たれるのも久し振りです。それでも、お作ではその雨を「まみどりの雨」と表現されていて、決して全面的拒否ではありませんね。梅雨に気分をうまく合わせておられるのでしょう。お作では「雨」が三度出てきますが、特に気になりませんね。心の深いところで受け止めておられるからでしょう。このままで十分ですね。

言葉の重複

| コメント(0) | トラックバック(0)

「紫陽花の芽の膨らみに気付きし日紫陽花寺の紫想う」 (ゆう子2004年2月6日

歌はほぼいいのだけれど、全体を通して読むとき、やはり「紫陽花寺の紫想う」の「紫」が気になる。この寺のどこかに、紫陽花とは別に紫で象徴される何かがあったのかと。これを「紫陽花」とすれが、言いたい「紫」もイメージされるね。

添削: 「紫陽花の芽の膨らみに気付きし日紫陽花寺の紫陽花想ふ」(ゆう子)

アレ?この歌「紫陽花」が三度出てくる。しかし、一首全体を読んでみて、違和感がないね。不思議だ。同じ文字(文言)の重複は原則として避けたい短歌だけれど、こういうこともあるから、短歌という詩形は奥が深い。即興だけれど・・・

「紫陽花を紫陽花寺に観し日より君は紫陽花、紫陽花は君」

これだと「紫陽花」が四度だが、気になる?

「歌ひとつ詠みたき梅雨の昼下がりよみきれぬまま何時かまどろむ(桐子さん2002年7月3日

前作に続いてこれもうまい。確かにこの歌では「ひとつ」がいいですね。歌というものがよく解ってきましたね。「よみきれぬまま」の「よみ」は漢字がいいでしょう。「詠みきれぬまま」。行為をはっきりさせるには漢字がいいですから。前に同じ文字がありますが、気にならないし、むしろそれを受けたことがはっきりしていいです。文字の重複という問題も、普遍的規則にはならず、個々の短歌で考えるしかありません。

添削
「歌ひとつ詠みたき雨の昼下がり詠みきれぬまま何時かまどろむ」 (桐子)

(この場合「梅雨」はちょっとくどい感じを与えます。「雨」でいいですね。そうすれば、梅雨時という特定の季節の枠も外れて歌が生きるという利点も生じます。一般には、時、時期や場所などを具体的に入れて、読者に歌の焦点を与える効果が出ますが、それがいつも成功するという普遍則はないのです。やはり個々の歌で考えるしかありません。)

固さ柔らかさ

| コメント(0) | トラックバック(0)
炎天や他に音なき蝉時雨人目も草も静まり返りて(桐子さん2001年8月5日

「他に」は、一読で「たに」と読まれないように、「ほかに」とひらがなが良いですね。また「人目も・・静まりかえりて」はちょっと変です。人目を気にする、人目を憚る、などと言いますが、やはり音ではなく「目」が主体ですから。「他に音なき・・・静まりかえりて」も言葉が重複しています。短歌は字数が限られていますから、こうした無駄は極力避けねばなりません。ただ、詠まれたい状況は、たしかに短歌的世界で、その捉えどころはいいですね。もう少しですよ。(漢字の使用ですが、当てはまる漢字があるときは常に漢字化しなければならないことは全くありません。漢字ばかりでは印象が固くなるものです。適宜ひらがな表記を使うのも、柔らかさを生む効果があり、作歌技法の一つです。)添え書きの趣旨をなるべく生かしながら改作してみます。

添削・改作
「蝉しぐれ炎天の町にとどろけり圧(お)されて人界静まりかへる」(桐子)

カテゴリ

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.14-ja