様々な手法での最近のブログ記事

推敲について

| コメント(0) | トラックバック(0)

夕ぐれて夏虫に混ざりこうろぎのひそかに鳴きて我秋を知る (桐子さん2001年8月13日

やはり何がしかの古色が感じられますね。特に結句かな。

添削・改作(梧桐):
「この夕べ夏の虫鳴き蟋蟀も唱和するかな もう秋なんだ」 (桐子)

結句だけ口語(独り言、会話体)として、気持ちを素直に出してみました。
このように、作歌にもさまざまな手法があり、その可能性は無限と言えます。

カテゴリ

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.14-ja