起伏をつけるの最近のブログ記事

推敲の仕方

| コメント(0) | トラックバック(0)

「幾千の群れなす魚のうろこかな銀にかがやく海のさざなみ」(桐子さんお母様2001年9月23日

きれいな歌ですね。このままでもいいのですが、いま少し起伏をつけると、印象がさらに強くなります。(「幾千」と「群れなす」がちょっと重複しますね。幾千といえば、群をなすことでしょうから。「海の」も言わずもがな、かな。「魚のうろこ」だと、断定しているのも、ちょっと気になっています。比喩としての断定的表現がないわけではないのですが・・・。)綺麗な素材なので、つい厳しい注文をしてしまいました。

添削
「幾千の打ち合ふ魚のうろこかと銀にかがやくさざなみを見つ」 (桐子母)

さらにダイナミズムを出すなら、次のようにも詠めるでしょう。男歌(おとこうた)になってしまいますが・・・。
改作
「幾千の打ち合ふ魚体の鱗光か銀にかがやく鋸歯状波列」 (桐子母)

(鋸歯状波列=きょしじゃうはれつ)

推敲の仕方

| コメント(0) | トラックバック(0)

「風鈴の音と夜風の流れ込む月の光もほの白く見ゆ」 (桐子さんお母様2001年7月9日

誠に静かな心境ですね。ただ、起承転結のない、事象の平坦な羅列になっています。もう少し起伏をつけましょう。風鈴は「音;おと」より「音;ね」がいいですね。

改作
「風差せば風鈴しづかな音にふるへ月光いよいよ晧さまさり来」 (桐子母)
         (音=ね)     (晧さ=しろさ)

カテゴリ

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.14-ja