擬態語や擬音語についての最近のブログ記事

本で読んだ中に、「ポツポツ」とか「ゆさゆさと」いった擬態語を使うと歌が幼稚になりやすい。とありましたが、先生はどのようにお考えでしょうか。(詩男さん2002年12月10日

擬態語にも色々あります。一律に幼稚という言い方は、それこそ幼稚な論です。擬態語と一口に言っても、幼稚さを伴うものから、それ以外に形容の仕方がないと思われるようなもの、また思わずハッとさせられるような新鮮なもの、などなど、様々です。要はどのような擬態語をどのように使うか、ですね。読者が納得するような擬態語を発見あるいは発明するのも一つの楽しみです。ただ、その効果を十分意識して使わないと、安易な語法ととられ、それゆえ幼稚ともとられましょう。やはり歌ごとに判断すべき問題です

ふあふあと

| コメント(0) | トラックバック(0)

「澄み渡る山の空気がふあふあと斜面に群れ咲くコスモス揺らす」 (ゆう子2002年10月22日

あの岐阜・可児市の山手にある、花フェスタ記念公園のコスモス。色々な花があったが、あそこではコスモスが最も印象的だったからね。擬態語「ふあふあと」がいいね。普通は「ふわふわと」とするところだが。コスモスが柔らかく波打っている様が目に浮かぶ。出だしの「澄み渡る」はすこしアリキタリかな。あとはほとんどいいね。

添削:
「冷気もつ山の空気がふあふあと斜面に群れ咲くコスモス揺らす」 (ゆう子)


コロコロリ

| コメント(0) | トラックバック(0)

「コロコロリじゃが芋堀て紫のサラダじゃが芋色鮮やかに」 (夢子さん2002年7月6日

ハハハ、よろこぶ夢子さんが目に見えるようです。擬音語が生きています。
色は赤いのですか、紫なのですか。上の添え書きでは赤、歌では紫。きっと赤紫なのでしょうよ。

添削:
「コロコロリ サラダじゃが芋紫の色鮮やかに転がり出てくる」(夢子さん)

「音もなく青虫食める迅きこともし聞こゆればさぞ響くらむ」  (桐子さん2002年6月17日

青虫がクチナシの木の葉を食べてしまうのですね。それも迅速に!たしかに、そんなことで花が咲くものか心配になりましょう。いや、蕾があるのだから大丈夫なのでしょうが。
 この歌、「もし聞こゆればさぞ響くらむ」が意味をほとんど成さないのが惜しいですね。「もし聞こゆればいかに響くや」ならいいでしょうが。

添削:
「青虫の木の葉を喰らふ迅さ見えガリガリガリとしづかに響く」 (桐子)

(音はせず、食べられて木の葉が見る見る減って行くだけですが、貪欲な食べっぷりに、音さえ聞こえてくるようだ、の心です。)

追加詠:
「青虫がクチナシの葉を食ひ尽くし蕾残れど花成すや否や」 (桐子)

実はこの歌 投稿直前にこのように詠みかえてしまったのですが、初案は

「青虫の食める迅さに音あらばバリバリバリとさぞ響くらむ」

だったのです。青虫が あまりにも勢いよく食べるのでもし音があるのなら 葉っぱから 突然すごい音が聞こえるのではないかと そう思ったのです。
繋がり具合から 「さぞ響くらむ」の使い方は如何でしょうか?

ということは、初案は添削歌に近かったわけですね。しかし、この初案では青虫が何を食べているのか解りませんね。「さぞ響くらむ」の表現はいいと思いますが。。。(添削歌で「ガリガリガリ」としたのは、青虫の葉の食べ方は口にくわえてバリバリバリと食べるというより、縁から削るように食べる印象だからです。いわば、葉っぱを縁の方から順に削り取る擬音語です。)

「ポクポクと砂利石鳴らす雨のつぶ足音に似て外のぞきみる」  (桐子さん2002年6月15日)

これは雨だれの音ですね。初句「ポクポクと」は木魚の擬音語としてよく用いられますから、ちょっとまずいでしょう。それが、帰りを待つ子供の足音にも聞こえるのですね。

添削:
「雨だれの砂利石打てる音がふと吾子の跫音(あおと)に聞こえ外見る」 (桐子)

カリリカリ

| コメント(0) | トラックバック(0)

「カリリカリ小気味良き音鮮やかにりんごの笑顔部屋に飛び出し」(夢子さん2002年3月7日

若い白秋はりんごを「さくさく」と表現しました。夢子さんは「カリリカリ」という。(あおぎりはこれに同感です。)ご主人はそれを羨んでおられる・・・。年齢とか健康状態などで、ひとつのものがこうも違って表現される、といういい見本ですね。それにしても、「カリリカリ」はいい擬音語ですね。ただ、あとに続く言葉が短歌になり切っていなくて残念です。

添削:
「カリリカリ、りんご囓ればさわやかなりんごのかおりが夫も包む」(夢子)

カリコリカリッ

| コメント(0) | トラックバック(0)

「小一時間かけて焼かれしかき餅の色良し香良しカリコリカリッ」 (梨夏婁さん2001年11月29日

よく詠まれた、軽快な歌ですねー。とくに結句がそうです。よく感じが出ています。こうした擬音語は、うまく使えば生(なま)の言葉で説明するより直接的に読者に気持ちが伝わりますね。なお、このかき餅はどこかの店で焼いたのを食べるのですね。ご自分で焼くのではなく。(「焼かれし」ですからね、「焼きし」ではなく。)歌の内容としては、口語がふさわしいように思います。そのように添削しておきます。

添削・改作(口語新仮名遣い):
「じっくりと焼かれたかき餅 色は良く香も良く味良しカリコリカリッ」(梨夏婁さん)

(最後の「良し」は本来なら「良い」ですが、少し締まりがなくなるので、あえて旧仮名遣いとしたものです。)
 なんだか、かき餅の宣伝に使えそうな歌ですが・・・。それもまた一興ですね。

カテゴリ

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.14-ja