短歌の形式の最近のブログ記事

短歌も色々

| コメント(0) | トラックバック(0)
「次の逢ひ必ずあると信じつつ再会約す同窓会に」 (比叡2006/07/19

再会の詠草ご説明有り難う御座いました。最近古語の使い方について悩んでおります。もっと歌はやさしく詠うべきかと思う時があります。同窓会の連作です。簡単すぎるかと思いますが宜しくお願いします。


短歌も色々ですね。やさしい歌、気宇壮大な歌、細かな歌、力強い歌、悲しい歌、侘しい歌、重い歌、軽い歌、意味明瞭な歌、ほのめかしが効いた歌・・・きりがありませんが。その時のご気分に合った詠いぶりでいいのではないでしょうか。王朝和歌はやさしさが基本でしたが。また、旧仮名と古語とは違うと思います。世の中には比較的新しく生まれた語でも死語となったものがありますが、文語(旧仮名)は歌語として現代でも生きています。古語も使い方次第で生きますね。今回のお作、「次の逢ひ必ずある」と「再会約す」は意味的にかなり重複していませんか?

添削:
「次の逢ひ必ずあると信じつつ同窓生らと別れ来にけり」(比叡)

「大好きなハナミズキ見つけ思わず曲がる自転車 春追っかけて」(なっちゃん2002年9月21日

5?7?5?7?7という定型をもつ短歌と一口に言っても実に様々です。古歌然としたものから茂吉流近代短歌、柊ニや佐太郎風現代短歌、また啄木流口語的(あくまでも口語的であって、仮名遣いは旧仮名)短歌邦雄風前衛短歌、そして比較的最近の俵万智流口語短歌、果ては定型さえ捨てた非定型(ないし自由律)口語短歌まであります。上のお作は俵万智流口語短歌に近いと言えましょう。とても50代とは思えない若々しいお歌です。俵万智流口語短歌は一世を風靡しましたから、大変多くの人達がその影響を受けました。また触発されて短歌を始めた人も多いようです。その状況はかなり徹底していて、あたかも俵万智流でなければ短歌ではない、みたいな雰囲気さえ創られました。それは今に至るも一部に続いているようです。ここではそんなことには無関係に、つまり形式(上に述べた何々流とかだれだれ風とか)にはそれほど拘らずに、人を感動させる、日本語の美しさを最大限に、これだけを作歌の目標に、添削をしています。たまには冒険的な作歌もよしとしていますが。

 これからどんな短歌を目指されるのか、まずそれを決めないといけませんね。
 さて、お作ですが、かなりご自分だけ分かっている、ふうな面がありませんか。特に「思わず曲がる自転車」の句はそうです。「思わず(ハナミズキの方へ)自転車のハンドルをきる」ことなのでしょうが。結句「春追っかけて」はハナミズキに春を仮託したのですね。しかし、ハナミズキは別に逃げるわけではないでしょうに、「追っかけて」とは?

添削:
「あ、大好きなハナミズキだ!と自転車の方向急転し<春>へと突進」(なっちゃん)
(これ、非定型のようで、それなりのリズムがありますね。)

カテゴリ

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.14-ja