語韻 余韻の最近のブログ記事

「故郷へ心のとげを抜きに行く幼ら連れし昔もありぬ」 (槿花さん2002年9月4日

心情が乗って、いい歌になっています。「故郷へ心のとげを抜きに行く」なんて、なかなか出来る表現ではありません。これは現在形ですが、今でも、という気持なのですね。あとの「昔」とちょっと相容れない感じではありますが。

添削:
「故郷へ心のとげを抜きに行く。かっては幼ら連れて行きしかな」(槿花)

結句の字余りは、余韻を高めるために意識的にそうしたものです。)

短歌は定型詩であり、そのリズムが生命ですから、言葉の流れももちろんスムーズであらねばなりません。しかしそれは一要素。あまり流れ過ぎては歌が軽くなってしまう。(内容が軽いものならそれ相応ですがね。)歌材によってはむしろあまりスムーズに流れない方がいい場合もあるのです。あくまでも歌の内容に依存します。まず、歌材の選択ですね。語感なども大事ですしね。どんどん詠み込まれれば、自然に解ってくるものがあります。叙情詩と叙事詩。特に前者は語の選択、リズム、語感の心地よさ、余韻の含ませ方など、大切です。後者は、ともすると、内容に引きずられて散文的になり勝ちですが、そこを踏みとどまって、短歌としてのリズムは失うべきではないです。それがなかなか難しく、内容はいいことを捉えていても、歌になり切っていない歌をたくさん見掛けます。
 なお、心理詠などもあります。これは一段と作歌がむつかしいが。
 天才肌の人ならともかく、一般論として、たくさん詠んで、また他人の作品もたくさん読んで、短歌というものに慣れるよりしようがありませんね。すぐれた文章力のある作家の小説をたくさん読むことも役に立つ筈。焦らずにボチボチと、頑張ってください。Slow and steady win the race!まあ、短歌をやることは勝つことではありませんが、あくまでも比喩ということで。

「うす青の空を見つめる静かさに花と散りゆく春物語」 (きょうこさん2002年4月29日

美しい言葉の斡旋ですね。まさに短歌、という感じがします。語感もいいですし。「うす青」としたのは、春霞を意識したのでしょうね。また、「空を見つめる静かさに」(静かに空をみつめること?)と続くのか、「空を見つめる」で小休止するのか、微妙ですねぇ。結句の「春物語」が少し解かり難いですが、「春に生起する(春に相応しい)諸々の事象一般」という意味でしょうか。それが散りゆく花々とともに過ぎてゆく、と。意味的に少しの曖昧さを残すことで余韻を出そうとされたとすれば、とても初心の技ではありません。もっとも、一読して解かるように詠んでも余韻が残るように詠むことも出来るでしょう。

添削:
「霞む空あくまで静か花々とともに散りゆき過去に入る春」(きょうこ)

「儚きは花のみにあらず ひとひらをうかべて恋し夫婦湯のみに」(桐子さん2002年3月29日

しんみりとした、いい歌ですね。「湯呑」だけではなく、そこに一片の花弁を浮べるなんて、心憎いですよ。それに前半が共鳴して、すばらしい。。。ほんの少しだけ添削を・・・

添削:
「儚きは花のみにあらず ひとひらをうかべて切な夫婦湯呑の」 (桐子)

「切な」は語尾を上げて。「刹那」ではありません。「切なき」の「き」を切り落として余韻を残す用法ですね。)

「想い出の義母の遺せし桜花たまゆら揺れて花の散る迄」 (夢子さん2002年3月23日

義母さんと何年一緒に生活されたのですかね。
義母さん手植えの桜ですか。どの程度成長しているのでしょう。
吾が職場の裏手に20年前に若木で植えられた桜並木があります。今は立派に花を咲かせます。(今年はまだ今のところ蕾状態。ちょっと遅れ気味?)それで想像していいのかな。
 この桜はもう咲いているのですか。去年までの想い出ですか。桜咲く時期になると決まって思い出す義母さん。しかもその手植えの桜にまつわるという、いつも同じパターンで。いい主題です。特に下二句が余韻を含んでいいですね

添削:
「想ひ出は義母ガ手植えのこの桜たまゆら揺れて花の散るまで」 (夢子)

立場によって微妙に陰翳を引く故人に対する感懐。じっくり味わえる、奥の深い歌です。

「ほの暗き城門くぐり大銀杏耀く道を武道館に着きぬ」 (幸乃さん2001年12月6日

いいですねー。「ほの暗き城門」という重い出だしが、「武道館」の暗く重みある語感に呼応しています。その中間が陽光あふれる道で、すっかり黄葉した大銀杏並木がまぶしく輝いている。。。やわらかを出すため「耀く」をひらがな表記とし、また結句だけ添削しておきます。

添削(梧桐):
「ほの暗き城門くぐり大銀杏かがやく道を武道館へと」(幸乃

結句「武道館へと」は、字余りを直したというよりも、動作の継続を表すための添削。もちろん「(・・・歩む)」を省略した形です。これにより余韻が強くなりました。)

「ぐっしょりと重たいものを持つ夢に目覚めて外に雨音を聞く」 (幸乃さん2001年10月28日



初ニ句「ぐっしょりと重たいものを・・・」はどうですかね。「ぐっしょりと」濡れて重たい、なら解りますが。結句、「聞こゆ」なら添え書きどおりですね。「雨音聞こゆ」とするのです。初句の「ぐっしょりと」は結句の「雨」と繋がっているわけですね。だから、この語は捨てられない・・・。



添削・改作(梧桐):

「ぐっしょりと濡れし物体に押し潰されハッと目覚めぬ・・・雨音聞こゆ」(幸乃)



この「物体」に、どんな事(苦悩?)が仮託されているのかと、読む者は気になり、それが余韻となりますね。「・・・」が時間的空白を表してくれるでしょう。



「今日もまたこの一日を掬い取る言葉なきまま眠りに落ちる」 (酔狂さん2001年7月17日

作歌する者が時として味わう悩みを味わっておられて、よく理解できます。
最後を言いきるかどうかは、内容次第ですね。言いきって十分余韻が残る作品も勿論多々あります。余韻は印象に通じ、読者の心にいかに残るか、です
この作品、第一、ニ句が重複語で残念です。また、この歌の芯ともいうべき「言葉なきまま」に、懸命にさがしても見つからないというニュアンスがないのが惜しいです。最後の「落ちる」は意味としては過去、つまり落ちたということでしょうが、そうすると、初句の「今日も・・」と合いませんね。昨日もならいいけれども。(勿論、昨日では新鮮さがなくなってしまう。)第三句「掬い取る」はこの場面にピタリの語ですね。 
こうしたことを考えに入れながら改作してみましょう。

添削・改作(梧桐):
「今日といふひと日の生を掬ひ取る言葉得ぬまま眠りに落ちむ」(酔狂)

短歌には定型詩としての言葉の美しさ、リズム感が必要?そして人にいろいろな意味での感動を与える内容を盛り込む?・・・・そういう手だけとして語韻とか余韻とかいうものがあるようですがそれっていったいどんなことですか?

「飢餓ゆえに言葉失う人ありて言葉に飢えし我は痴れ者」 (酔狂さん2001年7月14日

酔狂さんの作品は迫力があり、力があります。今回の作品はそれに応えるだけの歌材・内容ですね。これにさらに言葉つまり詩語としての美質を求めるのは酷というものかも。それが酔狂さんの個性ならば、なおさらです。これはこれでいいと思います。
もちろん、あおぎりなりの添削・改作は出来ます。

添削・改作(梧桐):
「飢餓ゆゑに言葉失ふありといふ言葉に飢うる吾は痴れ者か」 (酔狂)

これで語の流れもよくなり、緩むところなく、語韻も悪くない、余韻もそこそこの、一級品の文語正統派短歌が出来ました。結句、原案のように言い切るのではなく、上のようにすれば余韻が深くなるわけです。語韻とか余韻は短歌の生命を担う重要な因子です。日本語の美しさの一側面です。
 勿論、酔狂さんが捉えた歌材が良かったから、このような含蓄ある秀歌が出来たのです。ほとんど酔狂さんのお手柄です。

(注:「言葉失ふありといふ」=言葉を失う者があるという、の意味。
「失ふ」は連体形で、それを受ける連体語(「者」)を省略した形。「飢うる」は「飢う」の連体形。「飢う」は下二段活用の動詞。飢ゑ、飢ゑ、飢う、飢うる、飢うれ、飢ゑよ、と活用(変化)する。)

カテゴリ

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.14-ja